坂井市三国町 観光スポット

福井県坂井市三国町 東尋坊

福井県坂井市三国町 東尋坊

世界3大奇勝、地球の営みに、その雄大な姿に圧倒される瞬間東尋坊
断崖に日本海の荒波が打ち寄せる景色で知られる国指定名勝東尋坊。約1キロメートルにわたり豪快な岩壁が広がっています。

このような輝石安山岩の柱状節理が広範囲にあるのは、世界に3ヵ所ともいわれ、地質学的にも大変貴重な場所です。
初夏のまばゆいばかりに広がる青い空と日本海、秋の頃の日本海に太陽が沈み行く夕景、
雪が舞う頃の荒々しい波と吹きつける寒風。どれも東尋坊と日本海の大自然が見せてくれる、四季折々の素晴らしい風景です。

  1. 東尋坊のいわれ「東尋坊の由来」
    ※暴僧の東尋坊


    その昔、奥越(福井県東部の山間エリア)に、僧兵を有して隆盛を極めていた「平泉寺」(へいせんじ)という寺がありました。

    僧兵の中には、極悪非道の振舞いで、近郷の民百姓を大変苦しめていた者もおり、その旗頭であったといわれる暴僧が「東尋坊」でした。

  2. あや姫をめぐる東尋坊の悲劇

     東尋坊には「あや姫」という娘をめぐる恋のライバル「真柄覚念」(まがら かくねん)がいました。

    1182年4月、平泉寺の僧兵数十人が東尋坊を訪れ、酒盛りをしていたとき、真柄覚念は東尋坊に絶壁の上で酒や肴をすすめ、泥酔させ、隙を見て絶壁の海へ突き落としてしまいました。

    その後、49日間にわたって東尋坊の無念により、海は大荒れとなり、それからこの地が東尋坊といわれるようになったとのことです。

  3. 国の天然記念物となった現在の東尋坊

    東尋坊の岩は国の天然記念物に指定されています。

    岩の名称は複輝石安山岩の柱状節理で、これだけ大きな規模の柱状節理の安山岩は日本でもここ一ヶ所だけ。

    柱状節理世界三大絶勝の一つになっています。東尋坊の他には朝鮮半島の金剛山、遠くはスカンジナビア半島ノルウェーの西海岸があります。

     東尋坊は、日本海の荒波が砕け、白波や飛び散る断崖絶壁が、世界的に有名です。波の浸食を受けて芸術的な岩が形成されています。海上からの岩壁の眺めも、一味違った素晴らしいものとなっています。

エッセル三国突堤

福井県坂井市三国町 エッセル三国突堤

国重要文化財の指定のエッセル三国突堤。
西洋的な工法で作られた三国突堤は、現在でもその当時の姿をとどめています。
三国港は昔から天然の良港で、北前船交易で栄えていましたが、福井一の大河・九頭竜川から流入する土砂の堆積で港内の水深が浅くなるという問題に悩まされていました。

明治元年(1868年)の洪水でその問題はさらに深刻となり、ついに三国の豪商らの発起により港内の土砂堆積を防ぐための突堤工事に取りかかることになったのです。
その工事に、オランダ人技師のG.A.エッセルが派遣され、調査や測量・設計に携わりました。

工事に必要な石材は、東尋坊やその沖に浮かぶ「雄島」の岩盤からダイナマイトで発破して採取したそうです。突堤工事も沖へと進むにつれ大変な工事となりましたが、着工から2年7ヶ月後の明治13年(1880年)に、ようやく第一期工事分の520mが完成しました。

  1. 明治三大築港
    今なお機能し続ける三国港突堤


    古くから北前船の交易と九頭竜川の舟運で栄えた三国港は、江戸末期、上流から流れる土砂で毎年のように河口が塞がれ、川のはん濫による洪水と、土砂による船の出入りの阻害に悩まされていました。

    地元の有力者たちは、県や政府に改修を強く求め、その強い思いに応えた政府は、内務省土木局のオランダ人技師G.A.エッセルを現地に派遣しました。

  2. エッセルは、オランダでの経験を生かし改修計画の作成に着手。

    右岸に防波堤と導流堤を兼ねた延長511mの突堤を、左岸には河口のかなり上流までT字型の粗朶水制を設け、河口へ向かって低水路幅を徐々に狭めることにより、洪水の力で土砂を海の深い所へ流すという「阪井港近傍九頭竜川改修計画」を作成しました。

    工事は、同じくオランダ人技師のデ・レイケのもとで行われ、明治11年(1878)に着手しました。突堤に使用する岩石は東尋坊一帯から採取し、船で運ばれました。しかし、工事は日本海特有の冬季の荒天と当時流行した伝染病の「コレラ」の蔓延で難航し、また工事費も高騰してしまいました。

  3. さまざまな困難を乗り越え、

    明治15年(1882)、突堤と粗朶水制が完成しました。澪筋も計画のとおりに形成され、無事開港に至りました。  この工事は総工事費約30万円の内、地元商人が8万円を負担した官民一体の事業でもありました。

坂井市三国町 越前松島

福井県坂井市三国町 越前松島

かの松島に負けるとも劣らない、北陸の「越前松島」。
東尋坊から北東へ続く海岸線沿いの静かな漁村の間に、雄大な岩場が姿を見せます。
あたり一帯は、美しい小島が点在。石橋で岩山を登山できるコース、また海食洞遺跡探訪ができるコースなど、さまざまな奇岩・洞窟などの海岸美が楽しめます。

坂井市三国町 芝政ワールド

福井県坂井市三国町 芝政ワールド

広大な芝生広場。

どこまでも広がってそうな芝生の広大な広場です。日本海を見渡せる芝生の国へようこそ!広大な天然芝のナチュラル・リゾート。

日光浴してもよし!散策してもよし!誰にも邪魔されない自分だけの時間・・・。のんびり潮風に吹かれたり、ご持参の遊具で遊んでいただいたり、自由にご利用いただけます。

  1. プール
    世界初の巨大スライダー


    ウォーターチューブが絡み合いながら降りてくる、とんでもなくスゴイ奴!!頂上に登ると眼下には雄大な日本海が臨め、そのあまりの高さに絶句!!エキサイティングのレッド・スリルのブラック・スピードのホワイトがあります。

    ※チューブスライダー長さ・高さ、ギネスワールドレコーズ2005認定。日本海側最大級の波の出るプール「カリビアンビーチ」。プールサイドには美しい芝生が広がり、横目に海を眺めながら泳ぐことができます。

    まるで南の島にきたような気分を味わえます。曲がりくねったチューブ型ボディスライダーは最長180mのビッグスケール!室内プールにもあります。親子滑りのレーンもあり。

    定番の流れるプールも、芝政ワールドならではのスケール!屋外に2種(深さ100cm、80cm)、室内プールにも1種(80cm)があり、幅広いお客様に人気です。室内プールは、温水なので雨の日や寒い日でも安心。流れるプールや、アドベンチャースライダーもあって日焼けが気になる方も、思いっきり遊べます。水深の浅いキッズプールもあるので、お子さまも大満足。

  2. アトラクション
    海賊島タイフーン、カリビアンバレル、カリビアンバイキング

    海賊たちが住んでいる、パイレーツエリアのメイン冒険アトラクション「海賊島タイフーン」。大迫力のガイコツがトレードマークの海賊島を一瞬で駆け抜けるジェットコースターです。暗い洞窟や急カーブを高速トロッコが疾走するスリルを味わえます。タルにのってカリブの海を回るアトラクション。

    いろんな速さでタルを回して楽しめます。夢中になってぐるぐる回しすぎて、目がまわらないように要注意。まるで日本海にとび出るように大きくゆれるカリビアンバイキング。お尻が浮き上がるこの感覚は一度乗ったらやみつきになることまちがいなし。

  3. キャンプ

    芝政ワールド・オートキャンプ場の自慢は、数々のアトラクション施設が一体となった複合型のキャンプ場であること、そして広大な芝生広場と目の前に広がる日本海というこの最高のロケーションです。  日中は国内最大級のプールやスライダーをはじめ、様々なアトラクションで思いっきり身体を動かして楽しんでいただければと思います。

     そして夜、天然芝のサイトでのバーベキューは格別の美味しさです。頭上に広がる満天の星空を眺めながら、是非ゆっくりとご家族やご友人との語らいをお楽しみください。

     町から離れ、日本海と芝生につつまれたこの場所で、大切な方と過ごす特別な時間はきっと、日頃の疲れを癒してくれるとともに、明日への活力となってくれることでしょう。それではどうぞ、ごゆっくりお過ごしくださいませ。

坂井市三国町 三国温泉
三国町内には個性的なお宿がいろいろ揃っています。

福井県坂井市三国町 三国温泉

ゆたかな湯、めぐみの海、心あたたまる温泉。三国温泉は、からだの芯までくつろげる不思議な場所です。

泉質はなめらかでクセのない美しい湯。夕日とともに湯船につかれば、きっと昨日の疲れが洗い流されるでしょう。 おいしい海の幸をたくさん食べて、 自然の空気をたっぷり味わって、 新鮮な温泉でほっこりリラックス。

夕日を眺めながら入浴できる露天風呂などが多いのも三国温泉の特徴です。海のそばは、大気中にも海洋性ミネラルがいっぱいですから、海の恵みを体中に取り込むことが可能です。  刻々と色を変える海と空、そして雲。そんな風景を見ながら入浴していると、心身ともに癒されていきます。

坂井市三国町 旧森田銀行本店

福井県坂井市三国町 旧森田銀行

文化庁の登録有形文化財に指定。
九頭竜川の河口に位置する坂井市三国町は、古来より越前の玄関口ともいうべき経済の要港として発達してきました。
その三国湊にあって中世以来、湊の発展を支えてきたのが、北前船による廻船業を生業とした豪商たちで、その中のひとつが森田家です。
明治時代になり廻船業の衰退を察知した森田三郎右衛門は、1894年(明治27年)に森田銀行を創業し、業種転換を図りました。
森田銀行は確かな信用のもと、県内上位の優良な銀行に成長します。そして、1920年(大正9年)この建物が新しい本店として落成しました。 外観は西欧の古典主義的なデザイン、内部は豪華な漆喰模様があります。
細部のデザインや技術へのこだわりは建築思想の質の高さの表れであり、県内に現存する鉄筋コンクリート造の最古のものです。
設計技師は横浜市開港記念会館や長崎県庁も手がけた山田七五郎氏。大工棟梁は地元の四折豊氏です。

坂井市三国町 眼鏡橋

福井県坂井市三国町 眼鏡橋

歴史あるレンガ「橋国の登録有形文化財」
えちぜん鉄道で三国港駅に到着する直前、レンガ積みアーチの跨線橋の下を通ります。それが眼鏡橋で、登録有形文化財になっています。眼鏡橋といってもアーチはひとつだけです。

1913年に建造された歴史ある橋ですが、線路上を斜めに横切る構造になっていて、工事は難しかったのではないでしょうか。かつて三国港もそこに通じる鉄道も重要だったことの証しなのかもしれません。

三国港駅のホーム端に、眼鏡橋の碑文と解説がありました。眼鏡橋を見るには三国港駅のホームか、線路沿いの県道からがいいようです。

坂井市三国町 出村遊郭街

福井県坂井市三国町 出村遊郭街

かつての三国は賑やかで遊郭まであったとのことですが、その繁栄の名残を残す町並みがあります。 静かな住宅地ですが、歩いていると意外と古い家が残っています。

三国港駅の少し手前でえちぜん鉄道の線路を跨ぐ眼鏡橋から、南東の方角に旧森田銀行本店の方へと続く路地は、北前船で賑わった往時の三国港の繁栄と財力、さらには文化さえも偲ばせる、古い町並みが1kmほど続きます。

時流に呑まれて忘れられてしまったかのような、人通りのない古い町並みに立ち並ぶ豪邸や商家、置屋・・贅を尽くした町並みの夜は、かつてどれほど活気に満ちて賑わっていたことか。いやが上にも想像力をかきたててくれます。

北前船の寄港地として
繁栄を極めた湊町三國

福井県坂井市三国町 旧岸名家

古代、周辺の豪族とともに栄えた三国の地は、三国港とともにその歴史を刻んでゆきました。

 三国港は中世は大寺の荘園の一部として、また南北朝時代には朝倉氏、柴田氏など歴代国主の支配と保護を受け、港町としての機能を整えていきました。

江戸時代に入ると都市化が進み人口が増加、現在の市街地の概観がこの時代にはできあがったと考えられています。江戸中期、北陸の船乗りたちが大阪と北海道間を物資輸送しこれを売買して差益を得る「北前船交易」をはじめると、三国でもやがて廻船経営に力を入れ始めました。

 後期には三国は日本海側有数の北前船の中継基地に発展、森田家・内田家といった豪商がうまれました。商業の発展は、町人文化・工芸技術をも開花させ、港は大いに賑わいました。

幕末期から明治初期の港の最盛期には、オランダ人技師による龍翔小学校の建設、日本発の西洋式工法の三国突堤の建設など大事業が行われました。  しかし、やがて鉄道が通り始めると港湾機能が低下し三国港は商港から漁港へと転換してゆきました。三国は1700余年の歴史に映える港町。

老舗寿司屋 福寿し.アクセスマップ

越前鉄道三国駅から電車または、京福バス三国駅で下車、
駅を背に右折、徒歩3分。
店の前にみくに文化未来館。龍谷寺、手前
三国駅から159m。
営業時間 11:30~14:00 17:00~22:00 ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日(火曜日が祝日の場合は、営業となり、翌日がお休みとなります。)
※三国サンセットビーチまでは、車で4分。※東尋坊までは、車で8分ほどです。

  • JR西日本.芦原温泉駅: 車20分
  • えちぜん鉄道三国芦原線.三国駅: 徒歩3分

※福井しあわせ元気国体


福井県、平成30年(2018年)に福井県で第73回国民体育大会(福井しあわせ元気国体)が開催されます。
国体は、我が国最大のスポーツの祭典として広く親しまれ、
国民の健康増進と体力向上、スポーツの普及と発展、そして豊かで活力ある地域社会づくりに大きく寄与してきました。
昭和43年に福井県で開催された第23回国民体育大会から50年ぶり、二巡目の開催となります。

※正競技

サッカー 成年男子 テクノポート福井総合公園スタジアム、芝生広場
女子 三国運動公園陸上競技場、多目的競技場
少年男子 丸岡スポーツランドサッカー場、人工芝グラウンド
バレーボール 少年男子 三国体育館
少年女子 丸岡体育館

※デモンストレーションスポーツ

バウンドテニス 三国体育館
エアロビック 春江中学校体育館
バトン 坂井中学校体育館
ディスクゴルフ 坂井市海浜自然公園ディスクゴルフコース
ドッヂビー 三国体育館

ページの先頭へ